ゆめらんどNZ.com
■ホーム
■お客様の声

個人旅行・自由旅行
■トップページ
■旅行作りの
ステップ

■モデルプラン
■クイーンズタウン
滞在プラン

■チャーターセール
■主要3都市発
オプショナルツアー

■あの街に行こう!
旅の目的地情報

■よくある心配事&
よくある質問


フィッシング
■トップページ
■ガイドプラン
■フィッシングレポート&ガイドのひとり言(ブログ)

■旅行一般情報&旅のアドバイス
■お問い合わせ・申込み
■コンタクト
■リンク
鱒たちの楽園の真ん中へ

フィッシング・ガイド


ニュージーランドは、まさに釣り人たちの楽園のような所。手つかずの自然と、そこを流れる澄み切った川の流れ。奔放に戯れる、大型の鱒たち。そんな、鱒に魅入られた釣り人たちが夢見る世界が、確かにここ、ニュージーランドには存在します。  
ガイドは強い味方です

でも、「ニュージーランドに行けば必ず釣れる!」というのは大きな誤解。管理釣り場ではありませんから、天候を読み、的確にポイントを移動する力が常に要求されるのは、場所をニュージーランドに変えたところで同じこと。「海外での単独釣行は無謀」とまで言い切る人もいるほど、フィッシング・ガイドの存在は大きいものです。いつ、どこへ行き、どんな状況の下で、どんなフライやルアーを選択するのかetc.。読み間違えればほんの1尾の鱒に出会うことすらできないことがほとんどです。逆に言えば、その読み次第で限られた時間が実に思い出深いものにも変化するはずです。

ガイド

ガイドは強い味方です

ニュージーランドの釣りを愛し、この地域のポイントを知り尽くした、日本人フィッシング・ガイドがあなたの味方です。

フィッシング・ガイドの冨士本は、当然ながらクイーンズタウン周辺の釣り場を熟知。ポイントは、当日の天候(気圧配置、風向き、気温etc.)や川の水位から最適と思われる場所を選択していきます。プロ・ガイドとしての活動を始める以前から、魚を見つけることに関しては地元の一流ガイドに引けをとらなかった眼の持ち主で、サイト・フィッシング中心のクイーンズタウン周辺の釣りにおいては、最も重要な能力を持ったガイドと言えるでしょう。
これまでもルアー、フライ問わず、初心者から上級者まで沢山の日本の釣り人をガイドし、そしてリピーターとして定着してきていただいている実績があります。

「ニュージーランドなんだから、ニュージーランド人のガイドの方が優秀なんじゃない?」という先入観をお持ちの方もきっといるでしょう。確かに素晴らしいガイドは少なからずいます。でも観光都市クイーンズタウンでは、いい加減なガイドも少なくないのが実情。闇雲に現地人ガイドを手配すると、時には不満足な釣行になってしまうことも珍しくありません。
フィッシング・ガイドとしての能力や信用度はもちろんのこと、日本人同士の確実なコミュニケーションのもと、日本の釣り事情にも詳しいガイドができることは、決して少なくありません。限られた時間の中で結果を生み出すには、これも大切な要素のはずです。

釣りオプション・ガイドプランへ

メールでお問い合わせ

クイーンズタウン周辺の釣り

ポイント

ポイントは多彩!

南島・サザンアルプスの只中に位置する国際的観光都市クイーンズタウン周辺には、車で1〜2 時間の移動の範囲内に実に豊富なバラエティのポイントが存在します。澄み切ったスプリング・ク リーク、力強く流れる大型河川、中規模のマウンテン・ストリームから日本の里川を思わせるよう な小川まで、釣り人を飽きさせることがありません。世界的にブラウン・トラウトのライズの釣りで名高いマタウラ川や、 テ・アナウ周辺の川や湖までもが射程圏内です。

釣りのスタイル

フライフィッシング
基本的には、河川のサイト・フィッシング(魚を見つけてから、狙い撃ちする釣り)が中心になりますが、当然のことながら、戦略は状況により変化してきます。若干の高水位時や、春の雪代の時期には、ニンフィングが特に効果的なことが多いかもしれません。

また、フローティング・ライン使用の、ドライフライやニンフのナチュラル・ドリフトが基本ではありますが、お好みにより中〜大型河川や湖での、シンキング・ラインを使用したストリーマーの釣りなどにも対応可能です。

詳細については、どうぞお問い合わせ下さい。

ルアーフィッシング
お好みのスタイルに合わせて、ありとあらゆる釣りが可能、と言っても良いかもしれません。川から湖まで多彩なポイントが存在しますから、それぞれのポイントに合った釣りのスタイルを選択します。上級者には、比較的小さな川でのサイト・フィッシングが面白い選択肢です。

ターゲット

対象魚は、レインボー・トラウト、ブラウン・トラウト、キンナット・サーモン(陸封型サーモン、主にルアーの対象)の3種。運がよければ、70cmに迫るような大物も夢ではありません。時には50cmオーバーの数釣りなんていうことも‥。

一般的には、ブラウンは非常に警戒心が強く、針にかけるまでのプロセスが肝心なテクニカルな釣りに。レインボーは針にかかってからの猛烈なファイトを楽しむスポーティな釣りになります。サーモンは‥釣ってみてからのお楽しみ。

レインボー・トラウト ブラウン・トラウト 陸封型サーモン
おなじみ、レインボー・トラウト ブラウン・トラウト。
川ごとに特徴が違う
陸封型サーモン。ルアーのお得意さま

タックル

道具はこちらでご用意可能ですが、手間でなければ使い慣れたご自分のタックルを用意されると、より快適にお楽しみいただけると思います。

フライフィッシング
時にはかなりトルクのある流れの中、50cmを越える鱒たちとのやりとりになりますので、一般的に日本の渓流で使用するよりは高番手のタックルを使用することになるでしょう。
フローティングラインでの釣りの場合には、最低でも5番タックルは欲しいところ。ラインシステムに凝る必要はそれほどありません。ただし、リールはドラグ機能がしっかりとしたものをご用意下さい。ティペットは、5X前後。フライラインは、暗い色のライン(モスグリーン、グレー、ダーク・オリーブなど)を、できればご用意下さい。

使用するフライはドライ、ニンフ共に、#14〜#18程度のメイフライ系、#10〜#16程度のカディス系、#10〜#16程度のテレストリアル系の、ごく一般的でシンプルなものが主流です。日本の釣り人から見れば古典的なフライが多いかもしれません。先進的な日本のパターンを利用される価値は十分にありますので、「これで釣ってみたい」というようなパターンがありましたら、是非お持ち下さい。

ルアーフィッシング
ロッドはライト・アクションで十分でしょう。8ポンドラインは最低でも用意したいところです。また、ドラグ性能の良いリールは必須です。

使用するルアーについては、ありとあらゆるものが使用可能です。フライ同様日本のものがはるかに先進的で、かつ効果的ですので、ぜひお好きなパターンをお試し下さい。ニュージーランド国内で一般的に販売・使用されているルアーはどれも原始的で、時には全く成果が上がっていない地元の釣り人の隣で、日本のルアーで連続ヒット、なんていうことも起こります。
一般的には、水中でアピール力の高いルアーを使うことが多くなります。特にうっすらと濁りが入ることが多い、氷河から流れ出す川の河口などでは、ホログラム加工されたものが抜群の威力を発揮することがあります。

ウェーダー/ウェーディング・シューズについて
少なからず歩行を伴うことが多い南島の釣りにおいて、フットウェアの重要性は無視できません。釣りを主目的としたニュージーランド訪問の場合には、面倒でも使い慣れたご自身のウェーダーをお持ちになることをお勧めします。
ただし、外来の水生植物(ディディモなど)の拡散防止のため、使用の際は釣行ごとの消毒や1日で訪れる水域の数の自主制限など、いくつかの遵守すべき事柄がありますので、お気をつけ下さい。

また、2008年10月1日より、ニュージーランド国内の全ての内水面(淡水)での、フェルトソール(フェルトを使用したソール全て)の使用が禁止になりました。ウェーダーを携帯する場合には、ラバー製のソールを搭載したモデルをご用意下さい。


詳細については、どうぞお問い合わせ下さい。

釣りオプション・モデルプランへ

メールでお問い合わせ

初心者でも大丈夫!

初心者でもOK!

釣りは決して敷居の高いスポーツではありません。フライでも、ルアーでも、初心者の方を歓迎します。 実際にお客様の3割くらいは、お父さんについてきたお子様だったり、釣り王国を少し味わってみたかった、 という初心者の方です。実際に釣りをしながらガイドがレッスンしますから、安心してご参加ください。ビギ ナーズ・ラックの確率は、実はかなり高いのです。

釣りオプション・モデルプランへ

ゆめらんどNZ.com
ホーム お問い合わせ/お申し込み 会社概要/コンタクト リンク サイトマップ
Copyright©2006-2016 NZ-Do Limited